banner
banner
banner
banner
banner
banner
banner
banner
サービス

他のコンサルタントと何が違うのか?

他社
  • SWOT分析などの自社分析
  • マーケティング
  • マニュアル・プロセス策定

 

しかし、現実は・・・

Kawabata
お客様

それで当社が何をどうすればいいのかという一番大事な所が抜け落ちている。

一般論ばかりで当社の要望や事情を全く考慮していない。

具体性に乏しく結局何をしたら良いのかが分からない

Kawabata

例 売上が下がってきた・・・

まずはSWOT分析から始めましょう。
その上で、組織体制・プロセス・ツールも見直して、長期戦略プランを策定しましょう!

Kawabata
他社コンサルティング会社
Kawabata
実際のお客様の声

えー、すぐに対策を打ちたいのにそこから? 結局、机上の空論だよ。

基本料金プラン

法人様向けのアドバイスコース/1か月間 50,000円(税別):毎月1回の面談+電話・メールによる状況確認

(必要な場合は新幹線料金・宿泊費を別途ご負担ください。)

※オンラインでも勿論対応できます。

初回相談は無料です。初回でお客様が抱える課題を可能な限りお話して頂き、私がその時点での解決案を提案させて頂きます。

その案に納得・評価をされ、かつその後の継続的なアドバイスの必要性を感じられたら、お見積りをご依頼ください。

(お客様からの発注書を頂くまで、費用が発生することは弊所では絶対にありません。)

営業職個人への相談・アドバイスコース/1回 10,000円(税別):約2時間(オンライン相談も可)
上司に相談しても解決しない悩みや現在の活動内容についての意見、今後の営業戦略までを丁寧にアドバイスするサトミ営業相談所ならではのコース

三つのプラスアルファサービス

※カウンセリング・アドバイスでソフト面を解決し、併せてプラスアルファサービスでハード面でのバックアップをします。

 



shopping-cart 1.同行営業(①アドバイス型:営業マンと一緒に顧客に同行し、気が付いたことをアドバイスする、そしてその情報を営業責任者と共有し営業スタッフの成長のお手伝いをする⓶営業支援型:顧客へのプレゼンに同行しPR活動を支援します。)

①アドバイス型:同行営業と言うと、悪いところをダメ出しされるというネガティブなイメージをお持ちではないでしょうか?
勿論「こうした方がいいかもしれません」というアドバイスはさせて頂きますが、このまま続けて欲しい良い部分もきちんと指摘させて頂きます。何故なら、結果が出なくなると「自分の何が悪いのだろう」と修正すべき点にばかり目が行きがちになり、継続すべき良い部分まで損なう事があるからです。
良い点も悪い点もきちんと伝えることで、公平かつバランスの取れた納得のできるアドバイスを心がけ、最大限の効果を上げます。
それがサトミ流「営業スタッフのモチベーションも管理する」同行営業です。

②営業支援型:重要な顧客へのプレゼン・商談に同行しフォローすることは勿論、商談後にその結果を共に分析することで今後のアプローチのアドバイスも行います。

content-img-1
shopping-cart 2.地方への出張サービス

サトミ営業相談所は少しでも多くの方のお役に立ちたいと考えております。
私を本当に必要とし、趣旨を理解して頂けるのなら、喜んで東京から日本中に伺います。

content-img-1
shopping-cart 3.講習会(座談会風講習会)

サトミ営業相談所が勧めるのは、私と皆さん数人で行う座談会スタイルの講習会(座談会: 数人が集まりある問題を中心に、それぞれの意見などを気楽に話し合う会)です。講師一人対大人数の受講者という研修・セミナーですと、どうしても講師の話を一方的に聞く形になります。参加者一人一人に有意義なものを!と試行錯誤を繰り返した結果、辿り着いたのがこの形です。座談会(別名:座談会風講習会)ではホワイドボードと四人掛け程度の大きさのテーブルをご用意いただき、グループディスカッション形式で進行していきます。私がホワイトボードに書き込んで説明し、それについて皆さんと活発に議論を交わす。
少人数でのグループディスカッション形式なので、主体的に自分の意見を発言したり、他の人の意見を聞いたりして自分のやり方と比較することも出来ます。一方的に話を聞く研修やセミナーより、今後も継続すべきことも新たにやるべきことも見える有意義なものとなるはずです。

 

content-img-2

最後に

サトミ営業相談所の川端は「日本初の営業の専門家」です。

だから、ある時はカウンセラー、
またある時はアドバイザー、
そしてまたある時は営業戦略のセカンドオピニオンたれ!
そう考えて皆さまと向き合います。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。